3月24日

 もう完全にこの体温を持続している。
 既に1週間、36.9℃・・・・。

 36.5℃に近づいたらその時の生活習慣を見直そう、

 と思う。

 こんな時代、

 何時、何が起きるか分からないから。

 せめて健康でいよう。

 

 興味を持たれた方は下記ホームページでご確認下さい。

  npomomigara.jp

       冷え対策には富士山溶岩!

富士山溶岩を活用して、

30種類以上のミネラル効果と遠赤外線効果で、

体温を上げる方法です。

◎つくば富士山溶岩粒の特徴・使い方.pdf
PDFファイル 140.3 KB

富士山溶岩研究所が既に保有している、

・特許

・実用新案

・商標登録

のリストです。

富士山溶岩とその知的財産リスト、
健康ユニティーにとって・・・・・・・も
つくば富士山溶岩研究所にとって・・・も

 健康ユニティー ∞ の可能性。

現在、つくば富士山溶岩研究所と許諾契約進行中です。

つくば富士山溶岩研究所が

小島郁郎所長のもと、

健康ユニティーと協同でスタートしました。

小島郁郎さんは長年、
自然・天然の食や素材・技術にこだわった

自然工房 竹生(ちくぶ)
を経営されながら

★富士山溶岩研究所の「技術顧問」
★一般社団法人常磐ビオトープ保全会の「技術顧問」

等をされて来られています。

もちろん健康ユニティーの、立ち上げ仲間です。

 

富士山溶岩研究所のデータ一は下段に、

23個のPDFでご覧いただけます。

 

健康ユニティーのつくば富士山溶岩研究所は、

従来の”溶岩まりも”の形状ではなく、
”富士山溶岩小豆粒”と名付けた粒状の形を予定しています。

 

 溶岩まりものネーミング由来は、
 円形に加工した形を”まりも”に例えたものですが

 それには多くの手間がかかります。

 

しかしこの”溶岩まりも”だと手がかかり過ぎるが、

破砕したままだと溶岩の角で手を傷つけることがあるかも知れないと考え、

角を削った形から”まりも”と名付けたとのことですが、

加工が大変だったようです。

 

そこで健康ユニティーGの富士山溶岩の発信です。

 つくば富士山溶岩研究所では、

 富士山溶岩を粉砕した粒状の”小豆粒”を、

 ご紹介・販売することにしました。

 明日から粒状富士山溶岩の商品化の工夫に入ります。

 今一番の問題は、粒状の溶岩の袋詰めをどうするかです。

 2月2日に第一段階の方法は解決しました。

  「お茶・だしパック」と「メッシュケース」で、

  飲料用とお風呂用は取りあえず解決です。

 

  健康ユニティーの自前製品を開発する力がつくまでは、

  既存の製品を購入して対応です。

 

  賛同スポンサーは良いとしても、

  このことでの
  借り入れ
  クラウド
  は無しです。

  富士山溶岩粒の2大特徴 30種類のミネラル効果と持続する遠赤外線効果

   2019年1月24日 武井文夫氏のHP&小冊子 まとめ整理して転載:藤田哲史

           つくば富士山溶岩研究所 HP:http://www.npomomigar.jp

・水1ℓに溶岩粒(約15g~20g)入れる。

・その水に最初からミネラルがあると、

 溶岩粒のミネラルはイオン化しているのでミネラルがさらに増加する。

・溶岩粒のミネラルそのものが溶け出すのではないので半永久的に使える。

・溶岩はそのままにして、減った分だけ水道水を足すだけでミネラル水になる。

・最初に水道水は、溶岩粒を入れて24時間経過後から飲み始める。

・溶岩の成分表を見ると30種類のミネラルが含まれている。

・鉄、亜鉛、鉛、モリブデン、カリウム、マグネシウム・・等の効果が中心の説明。

・水にミネラルが増えるだけではなく、殺菌力で水の長期保存が出来る――備蓄水。

・お風呂に入れれば、肌からもミネラルが吸収される。

 (温泉は、地下水がマグマの成分が溶け出したもので、溶岩はマグマで出来ている)

・溶岩効果で、余分な皮脂が取れて肌がすべすべになり体も芯からポカポカになる。

・お風呂の雑菌やヌメリ、ニオイ等も殺菌力で消してくれる。善玉菌には影響しない。

・殺菌作用は、遠赤外線とミネラルのそれぞれの働きと相乗効果によって発揮される。

・遠赤外線は空間を伝わる(通り抜ける)放射によって皮下組織や脂肪に熱を伝える。

・放射熱が血管を拡張して血行が良くなり、脂肪が燃えて体が温まる。

・体温が上がると微細血管がさらに拡張し、全身の代謝が盛んになる。

・溶岩は熱を受けると遠赤外線として放射する放射熱は90%以上なので他より優秀。

・溶岩からは太陽光のように遠赤外線と同時に紫外線は放射しない。遠赤外線のみ。

・溶岩プレートで肉を焼くと遠赤効果で内部から焼けていくので肉汁、旨味を逃がさない

・溶岩は熱せられると強い放射熱を出すが、

 常温だと程よい放射熱で内部から活性化する。

・溶岩の加工方法は★板状、◆小石状、●粉末状。

  ★溶岩プレート

  ★お風呂に入れる

  ★温めて温灸

  ◆水やお湯に入れる

  ◆炊飯や煮物に入れる

  ◆揚物油に入れる

  ●繊維にコーティング、練りこんだ布、

  ●石けんやシャンプー、保湿クリーム、入れ歯安定剤等

  ●紙、ゴム、プラスチックやペンキに混入

・溶岩をパウダー状にして飲むとより直接的に効能が期待出来る。

 飲む温泉と同じ。

 

・溶岩が体に残ることはなく排泄され、排便のニオイも半年程で無臭になる。

 

     『つくば富士山溶岩粒研究所は、

      粒状の富士山溶岩粒の使用方法を主に提案しています』 

 

 ペットボトルの水道水に投入して、 

 ① 『自家製ミネラル水で健康、富士山溶岩粒』

    ・30種類ミネラルイオンの放射で水道水をミネラル水に変える

    ・抗菌効果で、ミネラル水が腐らない(塩素も除去)

    ・保存剤入りの市販のミネラル水を買う必要がなくなる

 

家庭用お風呂に投入して

 ② 『冷え予防、富士山溶岩粒』 

    ・遠赤外線効果で体の芯からポカポカ

    ・ミネラル効果でお肌スベスベ

    ・お風呂の水垢、汚れ落としが簡単になる

 

スプレーや繊維などに織り込んで、

   ③ 『消臭・殺菌効果、富士山溶岩粒』

   ・スプレーに入れて、部屋や病室のニオイ消し

   ・オムツや下着に塗りこんで排便等のニオイの低減

   ・抗菌効果でウイルスや雑菌予防

 

富士山溶岩の特徴、 

30種類のミネラル効果と持続する遠赤外線効果そして抗菌効果によって、

 「水の腐敗を防ぎ美味しくします」

 「水道水をミネラル水します」

 「ご家庭のお風呂を温泉にします」

 「抗菌作用:山梨県食品衛生協会の水質検査の結果、

  溶岩温泉(旅館)の井戸水は一般細菌ゼロ、大腸菌群は陰性(未検出)でした」

富士山溶岩研究所(有限会社溶岩研究所)の武井所長からは研究の成果の、

 「溶岩粉末及び火山灰を用いた

  生体内の有毒物質及び放射性物質の

  無毒化方法及び汚染され田畑の改善方法」

の小冊子も発行されています。

 

富士山研究所のデータ一覧表

 

1.雑誌 健康.pdf
PDFファイル 14.2 MB
2.新型インフルエンザ対策.pdf
PDFファイル 1.6 MB
3.富士山溶岩が人体におよぼす影響.pdf
PDFファイル 87.3 KB
4.富士山はヨウガンス(溶岩研究所).pdf
PDFファイル 22.8 MB
5.富士山溶岩ミネラルの動き .pdf
PDFファイル 55.7 KB
6.富士山溶岩は遠赤外線放射率 90%以上という優れた放射率をもっている。.pd
PDFファイル 110.5 KB
8.富士山溶岩の練り込み繊維で作製したパジャマの着用時間と赤血球の凝集状態.pd
PDFファイル 133.8 KB
9.イオンプレートを利用したアルカリイオン水の血糖値降下作用.pdf
PDFファイル 153.3 KB
10.洗濯回数別富士山溶岩染繊維遠赤外線放射率測定.pdf
PDFファイル 54.3 KB

 

 

○1富士山溶岩から溶出する金属成分分析 .pdf
PDFファイル 82.6 KB
○2富士山溶岩成分分析表.pdf
PDFファイル 58.9 KB
○3各種細菌に対する溶岩粉末の殺菌効果試験.pdf
PDFファイル 94.0 KB
○4溶岩石水の各種細菌に対する殺菌効果試験.pdf
PDFファイル 149.8 KB
○5熔岩温泉水質検査結果書 .pdf
PDFファイル 677.1 KB
○6富士山溶岩水と水道水のミネラル比較(微量元素溶出試験).pdf
PDFファイル 42.2 KB
○7富士山溶岩の遠赤外線放射率の FTIR 測定.pdf
PDFファイル 110.5 KB
○8富士山溶岩石水残留塩素濃度試験.pdf
PDFファイル 97.5 KB
○9富士山溶岩繊維のアンモニアガスの除去性能評価試験.pdf
PDFファイル 56.9 KB
○10富士山溶岩繊維の硫化水素の除去性能評価試験.pdf
PDFファイル 65.1 KB

 

 

・1特許内容 経口型体質改善剤.pdf
PDFファイル 530.6 KB
・2富士山溶岩パウダ一利用者アンケート.pdf
PDFファイル 44.8 KB
・3富士山溶岩遠赤外線シーツ利用者アンケー卜.pdf
PDFファイル 44.5 KB

 

 2019年1月28日

 つくば富士山溶岩研究所のホームページ

裏づけデータや資料をアップしました。

途中で溶岩の他社(他所)の取り扱いはと思い、

ネット検索を行なったところ、

ほとんどがアクアリウム用(水槽用)でした。

 

遠赤外効果やミネラル効果を謳っている頁は見当たらなかったが、

 何でも、同じ富士山の溶岩でも武井文夫所長(富士山溶岩研究所)

の河口湖近辺にある溶岩がデータ的にも格段に優れているとのことでした。

もちろん日本中に溶岩は存在するので小島技術顧問に確認したところ、

ある程度の効果を持つ溶岩も他に数箇所存在するものの、

品質などにバラツキがあり一定していないと、連絡を受けました。

 

それに現在は、

法律によって持ち出しは出来ない事になっているので、

新たに富士山溶岩が他から販売されることもないだろうし、

法律が施行される前に充分な量を採取してある、

ということで、

健康をキーワードに、
つくば富士山溶岩研究所
健康ユニティーGとで
協同で普及を図ることになった。

 

最初そのデータの数の多さに驚いたものの、

データを見れば見るほど合点がいく、

富士山溶岩のミネラルと遠赤外線の良さが分かってきた。


 と言うことは競争相手は無し、ということなのだろうか?

 

 興味を持たれた方、関われる方、商品開発・販売を考えてみたい方、

 npomomigara.jp のつくば富士山溶岩研究所に転載した

 豊富なデータをご覧下さい。

 

 近々に、モニターを募集させて頂く方法を組み立てます。