覆う雲に穴が開けばその先は、色鮮やかな慶雲棚引く瑞兆∞

   産業廃棄物のもみ殻を発酵分解すると農地が生き返る前兆∞

 

         農地(土壌)が生き返ると野菜(植物)が生き返ります。

 

   野菜(植物)が生き返ると人(動物)が生き返ります。
    植物(野菜)は、生きるもの
すべての根源です。
    そしてその植物(野菜)は土質によります。
    というか、土壌環境・気候環境・生育環境に適応します。
    植物の知恵・技術・・・・・・遺伝情報・・・、

    それは動物や人の比ではありえない生命力の発現によります。

 

 

 

 

    何故!難分解性のもみ殻を発酵分解しなくてはならないのか?

 

稲穂はケイ酸植物と言われています。

土壌から吸い上げたケイ酸(ケイ素)の多くはもみ殻に蓄積されます。

蓄積される理由はただ一つ、お米(玄米)を守るためです。

リグニン・セルロース等の食物繊維にガラス質のケイ酸が絡み、

強固なクチクラ層(バリケード)を形成して玄米(お米)を守ります。

 

従って稲作をすればするほどその土壌からケイ酸(ケイ素)は収奪されます。

つまり慢性的なケイ酸(ケイ素)不足に陥ってしまうのが農地です。

そこに、化成肥料や農薬(化学薬品)が土の劣化に拍車をかけています。

 

普通に考えても、そのような田畑で作られた作物が体に良い訳はありません。

健康のために野菜を食べましょうと言われたら、
是非、どういう土壌で作られた野菜ですか?
と聞くようにしましょう。

石油由来の窒素肥料には生命はありません。
窒素成分は病害虫の大好物なエサです。

結果、病害虫を排除するために農薬を散布します。
 化成肥料と農薬の慣行農業の良かった時期は終わり、

 その弊害が今、表面化し始めています。

その生命のない肥料で栽培された、

命の無い野菜とはなんなのでしょうか?

 

 閑話休題、ケイ素です。

ケイ素は酸素の次に多い元素です。
地表の60%はケイ素が絡んでいます。

その最たるものは石英です。

さらにその石英の純度が極限まで高まったものが水晶です。

 

今まで人は、酸素の大切さを大事にしてきましたが、
ケイ素には殆ど気にもとめませんでした。

一部の研究者や篤農家は別にしてですが。
それは何故かというと、

ケイ素は単独では存在しないという特徴があるからです。

つまり通常ケイ素は、酸素と結合してケイ酸として存在しています。

あるいは二酸化・・鉱石として存在しています。

地表の6割はケイ素がらみの鉱石・岩石と言われています。
(これらの鉱石から染み出した地下水に、多量のケイ素が含まれていました)

 

それほど普通に有り余っていたケイ酸(ケイ素)が今、
田畑から欠乏し始めています。

なぜか?です。

 

それは現代社会を、現代文明という言い方に置き換えると、

現代文明の由縁ではないかと私は思っています。

我々の生活を快適に豊にするために、
我々の生活環境を守るために、

 道は殆どすべてコンクリートで舗装されました。

 河川の側面はコンクリートで護岸されました。

 山からの豊な湧水はコンクリートのダムで堰き止められました。

 地下水は酸性雨や下水汚染水、
 あるいは消毒殺菌されて放流される汚染水、

 そして圧倒的な地下水の水量不足で既に、

 その自浄能力を失ってしまいました。

つまりつい最近まで何気に供給されていたケイ酸(ケイ素)が、

何気に供給されなくなってしまっているのが現代なのです。

 

そこで日本の主食である稲作です。

稲はケイ酸植物と言われるほど土壌からケイ酸を吸収します。

天然自然からの供給量が激減した田畑から稲穂が充分なケイ酸を
吸収出来ないとしたら、

肥料等の工夫をいくらしても間尺に合うわけがありません。

 それは天然自然の摂理です。

 

畑もまた同じことです。

散布する水の中に散布者の意図とは関わりなく存在していたケイ酸。

降る雨の中に自然に含まれていたケイ酸。

発酵した人糞(肥溜め)の中に含まれていたケイ酸。

地下水に豊富に含まれていたケイ酸。

今、これらが既に健全に供給されなくなっているのです。

  肥料ってなにか(化成肥料ってなにか)ですが・・・?

  その問題は別途・・・・に。

何が何でも土壌からケイ酸を吸収し、お米を守ろうとする稲穂は、

お米(玄米)を守るもみ殻に(7割のケイ素)を蓄積します。

土壌から吸収したものは、

 その役割が終ったら(精米したら)

 土壌に返す(還元する)ことが大事になります。

つまり、もみ殻を発酵分解する技術の普及によって、

その事が可能になります。

農家の皆さん、小規模農業の皆さん、家族農業の皆さん・・

一度立ち止まって考えてみませんか?

自分の畑の土を昔のような健全な畑にして、

昔ながらの命ある野菜作りをしませんか?

 

 それが、バイオマスもみがら研究会の提案であり、思いです。

     https://www.npomomigara.jp/

      そしてそれは人体も同じです

   土壌環境と腸内環境は同じです

       ケイ素と微生物の働きです

 

 大規模農業ではなく、

 中小農家・市民菜園・家庭菜園・室内栽培・・・・・・で、 

  命ある野菜を作りましょう。
  命ある野菜を食べましょう。

 そして美味しい野菜を食べましょう。

 ケイ酸と微生物、ミネラル、イオン交換・・・・等があれば

 野菜は、食は、

 蘇えります。

 

 化成肥料はいりません。

 農薬もいりません。

 まして、

 遺伝子組み換えなどは論外です。

 

もみ殻の簡易発酵分解技術の「作業マニュアル」が完成しました。

明日、有機発酵液と作業マニュアルを千葉に送ります。

実証実験の開始です・・・・・・いよいよ、です。

(2018年11月4日)

 

 

 

 

 

                             新・もみ殻発酵分解法の実験経過
           開発の目的

産業廃棄物扱いにされているもみ殻は発酵分解することによって土壌を生まれかわります
●発酵もみがらによるもみ殻利活用.pdf
PDFファイル 1.3 MB

 

 ***********************************

      新・もみ殻簡単発酵法の実験経過状況

 

       続きは新・もみ殻簡単発酵法へ

 

 12月18日

  新しい発酵液を工夫して第2段階の発酵法の実証実験に入りました。

 千葉の現場から連絡があり、
 新しい発酵法は温度の上がり方のスピードが速く、

 計時変化も違うような気がする。

 前回より強力かも、との事であった。

 

   楽しみになってきた・・・・。

 

  大洗海の大学で新・もみ殻簡単発酵法を導入することになった。

  詳しくは「新・もみ殻簡単発酵法」に順次掲載していきます。

 

 

 12月14日夜から18日午前中まで、

 再びフェイスブックが壊れた。

 FB社に何度もメールを送っていたらFB社からメールがきて、
  (アカウントを削除して、その理由を送信)

 メールに「ここをクリック」と書いてあるところをクリックした後、

 突然回復していた。

 

 対応してくれるんだ、ということで感謝。

 

12月14日

 

 ナゼかFB画面が先祖返りしていてネット環境が怪しかったのだが、
 なぜか今晩、イキナリ回復した。

 何かが周辺で起きている気配がする。
 
 何か。
 明日、久々の営業出張に関係しているのか?も。

発芽もみがら(バイオもみがら)の新・発酵法
簡便、低コストで、産業廃棄物の有効活用法が実現。
◎◎12月11日オリジナル発芽にんにくの作り方.pdf
PDFファイル 640.6 KB

 12月12日

   昨日の続き。

 現在私と、

 ”スプラウトにんにく”の話題を共有されている方々に、

 昨日完成した、
 ユニバーサル バリアフリー農園との打ち合わせ資料である
 スプラウトにんにくの栽培方法”を送りました。

 

 12月16日は大洗で活躍されている、
  NPO法人 
大洗海の大学 HP:http://www.anco-oarai.org/ 
 をユニバーサル バリアフリー代表と一緒に訪ねるにあたり、
 手ぶらでは勿体無いと思い、急遽作成したものです。
 
 目的は、
 「ユニバーサル  バリアフリー農園との新ビジネスモデル」です。
 新・簡単もみ殻発酵法最初のアプローチです。
 
 打ち合わせは16日ですが、15日・16日と同じ大洗で、
 福祉介護グループの忘年会が行なわれるのに参加します。
 目的は、ユニバーサル バリアフリー栽培の水平展開です。

 

12月11日

 

 スプラウトにんにく栽培法のマニュアル第1版が完成した。
 まるまる2日かかってしまった。

 しかし、
 新・簡単もみ殻発酵法の一つの出口が具体的に見えてきた。

 

 大洗で、

 ユニバーサル バリアフリー農園との打ち合わせを
 12月16日にしますが、

 その提案資料作りが終わりました。

  

 

12月10日

 睦沢町の中村さんと今回の発酵もみがらを検証した結果、
 再現を兼ねて、もみ殻の新・発酵法の次の検証に入る事になった。
   その中村さんから今日、
 無花果農家に施用実験をしたいのだがいいかなぁ?

 との電話があり、
 即、いいとも、
 新・もみがら発酵法は千葉県長生郡から始まるのかも。

 酵素水と消化酵素との配合を変えた発酵液で、

 もみ殻発酵の最適水準を検証すること事になる。

 このことが検証できると、
 昔からの縁の酵素と、

 新たな縁の酵素が発奮することになる、かも?

 

 

 

 

12月8日

 睦沢町 行き。
 もみ殻発酵現場は、

 かつての発酵分解状態と8割がた同じ状態になっていた。

 概ね30日間、中村氏に感謝である。

 この後、再検証を兼ねて2度目のトライをしながら、
 オリジナリティーのある、

 強力な”発酵もみがら(バイオもみがら)”の検証を
 行なって貰うことになった。

  重ね重ねの感謝・・・・です。
 

 

12月7日

 明日、千葉県長生郡睦沢町の中村さん宅を訪問する。

 

 結果次第では産業廃棄物のもみ殻が、
 日本農業の救世主になるかも。

 

 故、今井博士の意志が実現することになる。

 今、やや興奮!てか。

     興奮の理由は上記です。

 

12月6日

 

 発酵もみがら利活用が可能な

 技術・情報を持っている人たちと連続して会合だったが、

 ソフトバンクの通信障害で、
 大変な一日でした。

 

12月5日

 

 昨日、最終確認の結果、

 ダマは完全になくなり、サラサラ状態になったので、

 最後(4回目)の切り返しの後、

 そのまま様子を見ることにし、

 8日の土曜日に、千葉の中村さん宅を2回目の訪問を約した。

          

 

  結果可能になるのは、

  バイオマスもみがら研究会(健康ユニティー)

  ユニバーサル農園との新ビジネス モデル。

 

 ① ユニバーサル農園(以下、農園)が敷地内に、
   簡単もみ殻発酵法の技術と低コストで設備一式を設置。

    ・液槽  ・水中バッキポンプ 

    ・発酵用資材 ・他、消耗品
   (新・発酵もみがらは発酵促進機を使わない)

 ② 発酵もみがら(バイオもみがら)を生産。

 ③ 農園の畑に発酵もみがらを施用(田んぼもOK)。

 ④ 発酵もみがらを施用した畑で、

   にんにくを栽培する(他の野菜もOK)。

 ⑤ そのにんにくをバラしてスプラウトにんにくを、

   水耕栽培する。
   (発芽にんにくとも、発子にんにくとも呼ばれている。
          12月6日に判明したことは、

    そのスプラウトニンニクの情報にも差異があることを、
    今日教わった)

 ⑥ パッケージ(商品化)して、

   自家売り・近くの店舗に卸し・飲食店に食材として販売する。

 ⑦ユニバーサル農園(施設)の仕事かの、

  新ビジネスモデルとして全国へ普及する

 

発酵もみがら(バイオもみがら)から始まる新・ビジネス展開

 

 

12月3日

 12月8日、千葉県長生郡に行くことになった。

 

 電話で状況を確認する限り、
 かつてのもみ殻発酵分解方法であった「発酵促進機」を使わない、
 複合資材の組み合わせで、
 産業廃棄物のもみ殻が。
 日本中の農家の軒先で加工出来る事になった。

 ケイ酸植物稲(お米)の、
 今まで省みられなっかたケイ酸(ケイ素)が提案出来る事になった。
 実に、16年ぶりの快挙と言っても良いと、思う。

  おいおい触れますが、
  酸素のつぎに多いケイ素。
  但しけい素は、単独では存在しません。
  あらゆるものと合体・融合しています。
  あらゆるものと構成要因の働きをしています。

 そのけい素がもっとも蓄積されているのがもみ殻です。
 もみ殻を発酵分解すると、
 そのケイ酸(ケイ素)が働き始めます。

 この技術で日本の農業は変わります。

 低コストで・・・。
 

 

12月8日に訪問決定

 

12月2日

 

 

 状況連絡があり、
まったく完成度が高いので、
現場・現物確認のために週末千葉へ。

 

11月30日

  スプラウトにんにくの結末。

   いや違う。

   もみ殻・新発酵法完成のご褒美なのかも知れない。

 

 今日、千葉県長生郡の中村さんと電話中に、
 もみ殻・新発酵法は間違いなくこの方法で行けるね、

 と、話し合った後、

 ユニバーサル農園を取っ掛かりとして、

  昨日(11月29日)の第1弾の展開を説明した。

 

 ただし発芽したのだが兆しが出るのに3日ほどかかった。

 既に7日程経つがまだ1cm弱なので・・・・と話したら、

 状況を細かく聞かれたので答えたら、

  「自分も昔やったけれど」と事細かに方法教えてくれた。

 

 もみ殻・新発酵法関連の思わぬ僥倖(奇跡)である。

 感謝!

 今回の有り様でバイオもみがら、浮上か!

 

  ナゼ、もみ殻・新発酵法のバイオもみがら活用の、

  第1弾がスプラウトにんにくなのかは下記の理由によります。

抗ガン作用が認められた植物性食品のピラミッド(アメリカ国立ガン研究所)
******************
にんにくは、普通は畑で作られますが、
「にんにくスプラウト」は水耕栽培です。
「スプラウトにんにく」は通常のにんにくの成分と比べて、
亜鉛は5倍、カルシウムは8倍、鉄分は9倍含まれている
という優れものです。
     ******************
◎1.デザイナーフーズ・ピラミッド 2.png
PNGファイル 48.5 KB

 

11月29日

 何かが動き始めている気配がする。
 ゆるやにだが。

  ・16年越しに、もみ殻新・発酵分解技術が確立

   実証実験支援者の現場での、マニュアル通りの発酵法の実験成功

  ・その発酵もみがら(バイオもみがら)で土作りをした畑で、

   再現性の検証を行なう予定。

 

      提携・連携・協賛・・・・・第1弾

  ・ユニバーサル農園(障害者と健常者との普遍性のある農園)

  ・ユニバーサル農園お試し第1号 開始  

    1.発酵もみがらで土作りを行なう。

    2.作物の栽培を行なう試作第1号栽培は、にんにく。
       農園・施設の畑で農作業

    3.その無農薬にんにくで、スプラウトにんにくに加工。

       室内、あるい簡易加工場でスプラウトにんにく育成作業。

    4.パッケージ作業を経て商品化。

    5.スプラウト(発芽)にんにく販売、卸。

 

 そのビジネスパッケージのために、

 スプラウトにんにくの試作・検証終了を明日で終了予定。

 

 

11月29日

 連絡なし。

11月28日

 

 連絡なし。

 様子、観察中か。

 

11月27日

 早朝に千葉から電話があった。
 温度が60度を超え、ダマ(塊)もなく、

 色も、触った感触も優しい、とのこと。

  と言うことは、ほぼ予定通りの成果になったのかも知れないが、
  早すぎる懸念もある。

  もみ殻発酵に経験知が豊富な中村さんと、

  作業現場の磁場のせいなのだろうか?

 

 中村さんには、そのまま放置してシバラク様子を見てください、

 とお願いをした。

 

  速成ではなく、
  それぞれの条件下で熟成期間が必要なので・・・。

  但し熟成しすぎると、問題もあるので、

  後10日程、
  様子を見て欲しいとお願をした。

 多分、今日現在で新・もみ殻発酵法は完成である。

 さて今後、どう展開するか?

 

11月26日

 健康ユニティーの支援者から連絡があり、明日会うことになった。

もみ殻の新発酵法をユニバーサル農園で試したいので打合せをしたいのと、
是非明日にでも、ということになった。

 早い機会に、複数の場所でもみ殻の持つ"ケイ素(ケイ酸)”が簡便に利活用される手筈にしたい。

 簡単に、低コストで産業廃棄物扱いのもみ殻の有効活用が広まると、

野菜が変わる。

 

11月25日

 日付の順列を入れ替えました。

 

 11月23日千葉県長生郡の、

 新・もみ殻発酵促進液による「もみ殻発酵現場」の写真をPDF化しました。

2018年11月22日 新・もみ殻発酵促進液の完成
バイオマスもみがら研究会の経験と研究成果と失敗の経験を集約した新・発酵法を開発しマニュアル化し、そのマニュアルに沿って、実験してもらったのが、以前から親交のある中村さんにお願いした結果が、上々の結果であった現場写真です。
発酵堆積風景.pdf
PDFファイル 693.5 KB

 

11月22日

 「福は、来た!」
 10日目の途中経過であったが、

 想定以上の途中結果であった。

  長生郡の中村氏には、ひたすら感謝である。

 この後、温度の推移と切り返しをしながら、

 10日~20日間ほど様子を見ての判断になるものの、

 大筋で、

 新・もみ殻発酵促進液でもみ殻の資源化が出来る事になった。

 既にマニュアルも出来ているし、

 農家の庭先でもみ殻が簡便に発酵分解される事の素晴らしさは、

 後ほど詳しく、あるいは過去の情報をお読み下さい。

 

     今日は、

     何はともあれ、

     「福来」(フクレ)です。

 

   詳しくは後日、写真も後日です。

 https://www.npomomigara.jp/

上記TOPページのメニューに、

 ○新 発酵モミガラ

 ○もみ殻・新発酵分解 実験中

 ○旧 発酵モミガラ TOP頁

 ○旧発酵モミガラ(バイオもみがら)資料集

 ○旧発酵モミガラ マスコミ掲載
 ○旧発酵モミガラの歩み

 

   遂に、バイオもみがら発進!

 

   さりげなく!!

 

11月21日

 明日持っていくバイオもみがら関連資料をセレクトして、

ラミネート終了。

 東京から戻った夕刻、

 

 つくばの店にお土産を買いに行ったら、
 なんと売り切れていた。
 すると顔見知りのお店の人が,
 和菓子店に電話を入れてくれて、
 その和菓子店も店を閉めないで待っててくれた。
 ありがたいことで、
 ひょっとして明日の結果は良い、
 という前兆なら嬉しい。

 ちなみにその和菓子の名は、
 「福来氷」(ふくれこおり)。
  味の良さもさりながら、
  贈った人から必ず喜ばれる逸品。

 さて明日、
 千葉県長生郡から「福は来るか!」

 

11月20日

  ビックサイトで開催されている「アグリビジネス創出フェア」にいた時、
 中村さんから電話があた。ブースを覘きながら長話。

 

 切り返して二日目で60度を超えたが・・・、
 ここで試しに、

 どれだけ上がるか様子を見るか、

 温度を基準に切り返しをするか、

 ということであった、

 相談の結果、

 一日・二日、様子をみてみることになった。 

 

 温度も大事だが、

 ある時間(期間)を掛けてコナレルコトも大事なので・・・、

 そして二日後の22日には中村さんを訪ねて千葉県長生郡に

 

 行く事になっているし、と言うことで様子見にすることになった。

 

11月19日

 

 流石に今日は、連絡がなかった。

 

11月18日

 60度を超えていたのが今、50度台になったが切りかえそうか?
 との連絡があり。


  大変だけどそうして下さい、と返事をする。

 分かっている方とのやり取りは実にシンプルでありがたい。

 後、2週間ほどで出来上がり品質の確認の上、
 分析センターに分析依頼が出来るようになることが、

 見えてきた。

 

 

 もみ殻のケイ酸の新時代の幕開け・・・かも?

 

11月17日

 順調によさげ、との連絡あり。

  この方法で本当にいけるかどうか?

 

 命ある野菜は、ケイ素と微生物のある土壌からが、
 本当に実現するかどうかの、
 それも簡便、低コストで・・・・・、

 

11月16日

 朝一番で電話があった。

  山の周辺にダマが出来ている。
  山の中に手を突っ込んだら、固くなった箇所がある。

  切り返すが、何を気をつけたらいい、との事であった。

 打ち合わせをして、実行してもらうことにした。

 

 ありがたいことである。

 その切り返しの方法は、

 それなりの体力が必要であるからである。

 

 

  既に軟弱な自分がやるとしたら・・・?

 

11月15日

 既に60度超え、との連絡が午後あり、
 約2日で発酵熱が予定通り。
 多分、米ぬかの品質が劣化していないものを使用しているのだと思う。

 ニオイも、山の雰囲気も良い感じ、とのコメントに、行けるかもの感触。

 出来上がりの色艶と分析結果で次は、

 以前からの極めつき原材料を加味して実験第2弾に進めるかどうか?

 

 新・有機発酵促進液が真・有機発酵促進液になるかどうかの実験作業が、

 さらに楽しみ。

 

 

   第一回目の切り返しをお願いした。

 

11月14日

 翌日、50度超えを確認、との事。

 

 今までのケースとは異なる量なので、水分調整の為、天地返しを行なうか?
 どうしょうか?と連絡が入る。

 

11月13日

 午後5時に堆積したとのれんらくがあり。

 

 11月22日に作業状況を確認するために、

 千葉県長生郡に行くことになりました。

 

  思いっきり楽しみ・・・・。

 

11月12日

 漬け込みが終わり液切り中。

  1.8キロ×40袋=約70キロ